お笑い芸人ブログ!最新お笑い芸能ニュースをお伝えします。
お笑い芸人ブログで裏芸能情報ニュースを一挙公開!流行の芸人から昔懐かしい芸人まで、芸能ニュースでは書かれないマル秘ニュース満載のお笑いブログ!

Yahooカテゴリー登録サイトヤフーカテゴリーお笑いYAHOOカテゴリー登録サイト   |  ブックマークに追加する  
オーディション・芸能ニュース・お笑い歌手のレコードなどお笑い芸人関連情報満載!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/11(金)
前回に続いてM-1グランプリ2002についてちょっと書きます。

M-1グランプリ2002は前年の大会の盛り上がりと、
中川家のブレイクにより、お笑い業界以外での注目度も
高まった大会と言える。


全1756組のエントリーの頂点に立ったのは、
ご存知「ますだおかだ」。

ますだおかだに関しては、前年の大会時に決勝に残れなかった時に
本当に悔しそうな顔をしていた増田が印象的であった。

吉本優勢の中、第2回目にして松竹芸能所属芸人が優勝したことは、
この後2004年大会で初の東京勢アンタッチャブルが優勝したことと同じく
M-1グランプリの権威を高めることなる。


そしてこの年もM-1ファイナルの舞台に立つことができなかった
数多くのお笑い芸人を生み出すこととなった。


2004年優勝のアンタッチャブルは3回戦で敗退。

アンタッチャブルは翌年敗者復活で最終決戦まで進むこととなるが、
2002年はまだ空振りであった。


そして、2005年優勝のブラックマヨネーズ、2006年優勝のチュートリアルも
準決勝敗退。

ブラマヨは2004年まで準決勝止まりであったことからも
M-1での戦い方がまだ掴めていなかったことが伺える。

チュートリアルはここから低迷期に突入する。


他にも
■2回戦敗退
・足軽エンペラー(山里は翌年南キャンで大ブレイク)
・ハイキングウォーク
・かくたペア(現ザ・たっち)
・安田大サーカス
・イシバシハザマ

■3回戦敗退
・カンニング
・ロバート
・POIZON GIRL BAND
・クワバタオハラ
・ペナルティー
・カラテカ

■準決勝敗退
・トータルテンボス
・キングコング
・千鳥
・りあるキッズ
・アジアン
・麒麟
・インパルス
・スピードワゴン

など、よく見るお笑いコンビも決勝を前に敗退を喫する。


そしてこの年から導入された敗者復活枠で「スピードワゴン」が
登場し、のっけからの小沢のシリアスタッチの暴走が取り返せず
惜しくも最終決戦へのチャレンジはならずであった。


M-1グランプリ2002では、本命の「ますだおかだ」が、
予想外の強敵「笑い飯」と後藤の成長著しい「フットボールアワー」の
登場に苦戦を強いられた。

最終決戦では松本人志と大竹まことがフットボールアワー、
それ以外の審査員は「ますだおかだ」に票を投じ、結果だけ見れば
戦前の予想通りの結果に落ち着いた。


M-1グランプリ2002で2年連続の決勝戦進出となった「おぎやはぎ」が、
前年度のダントツの最下位から3位「笑い飯」と僅差(6点差)の4位まで
迫ったことにも注目したい。





【PR】
コアリズム激安
再婚恋愛

2008/04/10(木)
M-1グランプリ2001。

ご存知今をときめくM-1グランプリの第1回大会である。

グランプリは中川家が優勝候補本命というプレッシャーと闘い
勝ち抜けた・・・。


そんな決勝戦に登場することなく散っていった儚いお笑い戦士達。



後にM-1決勝の常連となる「千鳥」「笑い飯」「トータルテンボス」が
は共に2回戦で敗退し、同じく在りし日の「カンニング」やまだまだ若手の
「ロバート」も2回戦で敗退。



3回戦では、「インパルス」「次長課長」「NONSTYLE」「安田大サーカス」が敗退。

3年後のM-12004決勝戦でブレイクする南海キャンディーズの
山里(当時足軽エンペラー)としずちゃん(当時西中サーキット)が奇しくも
別コンビとして共に3回戦で敗退している。



準決勝では、「アンタッチャブル」「ブラックマヨネーズ」など後のM-1王者も破れた。

他にも「COWCOW」「タカアンドトシ」「シャンプーハット」「2丁拳銃」「華丸・大吉」
「ペナルティー」「ランディーズ」「りあるキッズ」「レギュラー」「ロザン」など
そうそうたるメンバーが姿を消した。



そしてM-1のためだけにコンビを組んだピン芸人同士。
■2回戦敗退
・ダダダダダ-ン(あべこうじ&デッカチャン)
・ミッキー&トッシー(幹てつやと田原俊彦のそっくりさん)
■3回戦敗退
・イタキム(板尾創路&木村祐一)
・かほじろう(ぜんじろう&大森かほり)
■準決勝
・石田・花子(石田靖&山田花子)
それぞれが、叶わぬ夢の中を駆け抜けた。


そんな1603組の芸人コンビから勝ち上がってきたメンバーが
・中川家
・フットボールアワー
・チュートリアル
・アメリカザリガニ
・おぎやはぎ
・キングコング
・麒麟
・ますだおかだ
・DonDokoDon
・ハリガネロック
で、あった。


最終決戦は「中川家」と「ハリガネロック」の一騎打ちとなり、
中川家が1603組の頂点に君臨したことは説明することもあるまい。



華やかなM-1グランプリの決勝舞台に登場することなく
散っていった芸人達。


多くの芸人がその栄冠には手が届かなかったが、
今も舞台やテレビで活躍している。


M-1グランプリの舞台裏をこれからも覘いていきたい。



【PR】
節約OL
体臭を消す
マクドナルド アルバイト

2007/12/22(土)
今年もM-1グランプリ決勝戦の季節がやってきました。

Mー1グランプリ2007決勝進出者は下記の8組。

笑い飯(吉本興業 大阪)
POISON GIRL BAND(吉本興業 東京)
ザブングル(ワタナベエンターテインメント)
千鳥(吉本興業 大阪)
トータルテンボス(吉本興業 東京)
キングコング(吉本興業 東京)
ハリセンボン(吉本興業 東京)
ダイアン(吉本興業 大阪)


ここに敗退者からの敗者復活の1組を加えて、
合計9組でMー1グランプリ2007の決勝戦が行われる。


ハリセンボンの女性初のグランプリが生まれるのか!?

それともキングコングが久しぶりの登場で漫才の成長を見せるのか!?

ブラックマヨネーズ・チュートリアルと続いた流れからは、
ダイアンが今年は当てはまるのか!?

笑い飯、PGB、千鳥ら常連組みがいよいよ抜け出るのか!?



・・・頑張れザブングル!カッチカチで突き抜けろ!




M-1GP2007決勝戦は、12/23(日) 18:30~20:54
ABC・テレビ朝日系全国ネットで放送!

オンエア情報はこちらから


2007/11/20(火)
M-1グランプリ2007

3回戦大阪会場が11月17日・18日にABCホールにて行われた。

3回戦突破を果たしたのは下記の30組でした。

11月17日(土)
ザ☆健康ボーイズ(吉本興業 大阪)
ゼミナールキッチン(吉本興業 大阪)
座長座長 吉本興業(大阪 新喜劇)
ジャルジャル(吉本興業 大阪)
ハム(アマチュア)
ヘッドライト(吉本興業 大阪)
鎌鼬(吉本興業 大阪)
天津(吉本興業 大阪)
なすなかにし(松竹芸能)
プラスマイナス(吉本興業 大阪)
スマイル(吉本興業 大阪)
藤崎マーケット(吉本興業 大阪)
ザ・プラン9(吉本興業 大阪)

11月18日(土)
とろサーモン(吉本興業 大阪)
span!(吉本興業 大阪)
ソラシド(吉本興業 大阪)
ギャロップ(吉本興業 大阪)
ヒカリゴケ(松竹芸能)
千鳥(吉本興業 大阪)
GAG少年楽団(吉本興業 大阪)
NON STYLE(吉本興業 大阪)
高校デビュー(アマチュア)
モンスターエンジン(吉本興業 大阪)
アジアン(吉本興業 大阪)
笑い飯(吉本興業 大阪)
まえだまえだ(松竹芸能)
天竺鼠(吉本興業 大阪)
大脇里村ゼミナール(吉本興業 大阪) 
勝山梶(吉本興業 大阪)
ダイアン(吉本興業 大阪)



M-1グランプリ2007予選3回戦突破で注目したいのは吉本興業以外のお笑いコンビ。


松竹芸能から
・なすなかにし
・ヒカリゴケ
の2組。

そしてアマチュアからの
・ハム
・高校デビュー
の2組。

吉本興業以外のお笑いコンビはこの4組に絞られた。


吉本興業が凄いのかその他の事務所が弱いのか微妙なところですが、
それにしても吉本以外がたった4組とは驚きです。



今年はハム・高校デビューの2組から決勝進出者が出るか!?


そして大阪会場の吉本興業お笑いコンビの注目は、
「笑い飯」「アジアン」「とろサーモン」の3組。

笑い飯の破天荒振りが蘇るか・・・!?




そして、次回3回戦を迎える東京会場。

吉本興業からは
オリエンタルラジオ
キングコング
ハリセンボン
トータルテンボス
POISON GIRL BAND

など精鋭が待ち構える。
今年の台風の目はやはりハリセンボンか・・・!?



対する吉本興業以外のお笑い事務所からは、

東京ダイナマイト(オフィス北野)
クワバタオハラ(ホリプロ)
スピードワゴン(ホリプロコム)
サンドウィッチマン(フラットファイヴ)
タイムマシーン3号(ケーアッププロモーション)
コア(ワタナベエンターテインメント)
どきどきキャンプ(ケイダッシュステージ)

などが対抗する。

東京ダイナマイトが再び決勝のステージに立つのか・・・!?

今後もM-1グランプリ2007の予選から目が離せない!


芸能ニュースランキングはこちら

2006/12/29(金)
チュートリアルの圧勝で終わったM-1グランプリ2006。

m1グランプリでチュートリアルが手に入れたものは1000万円の現金や
名声以外にもあったのでした。

それは・・・視聴率!

M1グランプリの人気ぶりは年々上り調子でありますが、
今年の視聴率も凄かった!

24日夜にテレビ朝日系で放送された「M-1グランプリ」の平均視聴率
(ビデオリサーチ調べ)が関東地区18.0%、関西地区31.1%。

ともに大会史上最高でありました。

M-1グランプリは平成13年に始まり今年で6回目。

関東9.0%、関西21.6%だった第1回の視聴率からすると東西ともに9ポイント以上伸びている人気ぶりです。


芸人にも一般視聴者にも年末の一大イベントというのが浸透してきたことがうかがいしれます。

ABCによると、優勝したチュートリアルがトロフィーを掲げてガッツポーズをした場面(
午後8時52分)などで、関東23.5%、関西41.0%の瞬間最高視聴率を記録したようです。

ニュースランキング

さて、M1グランプリを制したチュートリアルの来年の活躍は
どのようなものでしょうか。

本格的に東京進出を目指すのか、やはり大阪をベースとした活動を行うのか・・・。


どちらにせよ露出度UPは間違いないので、今までチュートリアルを見れなかった人も
テレビ番組などでチュートリアルを見れる機会が増えてきますよ!
2006/12/24(日)
チュートリアルがMー1グランプリ2006優勝しました。


圧倒的な評価でファイナルパーフェクトを達成しました。


NSC大阪の同期13期生には昨年M-1グランプリ2005
優勝のブラックマヨネーズや次長課長というHOTなメンバーが揃っています。


そんなチュートリアルと仲良し芸人のことを
書いた記事はこちらから

チュートリアルと仲良し芸人


その他M-1ニュースランキング
2006/12/14(木)
M-1グランプリ2006決勝進出を決めたザ・プラン9

ザ・プラン9のメンバーは5名。

●お~い!久馬=大阪NSC10期生
 1992年3月に後藤秀樹と「シェイクダウン」を結成。
 2000年に解散

●鈴木つかさ=大阪NSC12期生
 1993年6月に森詩津規と「シンドバット」を結成。
 2001年に解散。

●浅越ゴエ(あさごえ ごえ)=大阪NSC16期生
 R-1ぐらんぷり第2回チャンピオン

●なだぎ武(なだぎ たけし)=大阪NSC8期生
 1989年8月に同期の松村博司と「スミス夫人」結成。
 2001年に解散。

●ヤナギブソン=大阪NSC17期生
 2000年4月に同期の藪田真宏とお笑いコンビ「君と僕」を結成。
 2001年に解散。


それぞれにNSCを卒業後それなりのキャリアを積んで
2001年4月に久馬・浅越・鈴木の3人で結成されました。

2002年になだぎ・ヤナギブソンが加入して
現在の5人体制となったのです。


ちなみに一番先輩のなだぎ武はNSC8期生ですから芸歴17年。

同期は千原兄弟、バッファロー五郎、FUZIWARAなど
結構中堅どころなんです^^;


また、お~い久馬にしてもNSC10期生ですから、
今年準決勝まで残ったジャリズムやメッセンジャーらが
同期でこれまた中堅どころなんです。


先日のエンタの神様でもユニークな殺し屋のネタを
展開したザ・プラン9


クインテットとして初のM-1グランプリ決勝進出で
どのような漫才道を見せるのか!


案外今年の目玉かも!?

本日の笑いニュースランキング

2006/12/12(火)
今年のM-1グランプリ2006決勝進出の
8組は下記の芸人さんになります。

麒麟(吉本興業 大阪)
ザ・プラン9(吉本興業 大阪)
チュートリアル(吉本興業 大阪)
トータルテンボス(吉本興業 東京)
フットボールアワー(吉本興業 東京)
変ホ長調(アマチュア)
POISON GIRL BAND(吉本興業 東京)
笑い飯(吉本興業 大阪)


また、抽選の結果ネタ順は下記のように決まりました。

1番目 POISON GIRL BAND
    (阿部智則・吉田大吾 2000年結成)
2番目 フットボールアワー
    (岩尾望・後藤輝基 1999年結成)
3番目 ザ・プラン9
(浅越ゴエ、鈴木つかさ、ヤナギブソン、 なだぎ武、
 お~い!久馬 2002年結成)
4番目 麒麟
    (田村裕・川島明 1999年結成)
5番目 トータルテンボス
    (藤田憲右・大村朋宏 1998年結成)
6番目 チュートリアル
    (徳井義実・福田充徳 1998年結成)
7番目 変ホ長調
    (彼方さとみ・小田ひとみ 2005年結成)
8番目 笑い飯
    (西田幸治・哲夫 2000年結成)
9番目 敗者復活枠
    (当日行なわれる敗者復活戦で勝ち残った1組)


今年も8組中7組が吉本興業所属の芸人さんとなりました。

昨年M-1グランプリ2005ではタイムマシン3号が
唯一吉本興業以外の芸人として決勝で奮闘しましたが、
今年のその役割はアマチュアの変ホ長調となります。

変ホ長調は現役OLというオアシス大久保さんも
ビックリの史上初アマチュア決勝進出コンビです。

変ホ長調記者会見での画像はこちら


変ホ長調は2005年結成の彼方さとみさん(36)と
小田ひとみさん(41)アマチュアコンビで現役会社事務員です。

変ホ長調の動画ネタはこちらから見れます。
変ホ長調の動画ネタはこちらから

M-1グランプリ2005では結成1年目で
準決勝進出というオリエンタルラジオ並みの
パワーを見せつけたダークホースです。

また小田ひとみは博多華丸が優勝した
R-1ぐらんぷり2006でも「O・D・A」として
アマチュアながら準決勝まで進出したツワモノでもある。


(彼方)
「もし優勝したら、私は最終願望の結婚資金にします」
(小田)
「7番目まで待つのは緊張しますわ。さっさとやって
 帰りたかったです」

とアマチュアらしからぬそのコメントぶりは、唯一の
吉本興業以外の決勝進出コンビとして奮闘が期待されます。


今年のM1グランプリ2006の栄冠は誰の手に!?


M-1関連お笑いニュースランキング

通学・通勤中に史上初の漫才師育成ロールプレイングゲームが無料で楽しめる!
目指せ!M1漫才道

目指せ100万円GET!
2006/12/06(水)
M-1グランプリ2006準決勝進出の64組が決定しました。

12月24日18時30分からのM-1グランプリ2006決勝戦を控え、
遂に64組までお笑い芸人さんが絞られました。

お笑いニュースランキング


M-1グランプリ2006準決勝進出は下記になります。

アジアン(吉本興業 大阪)
えんにち(吉本興業 東京)
カナリア(吉本興業 東京)
鎌鼬(吉本興業 大阪)
カリカ(吉本興業 東京)
カルパチーノ(吉本興業 大阪)
ギャロップ(吉本興業 大阪)
キャン×キャン(㈱ヴィジョン・ファクトリー)
麒麟(吉本興業 大阪)
銀シャリ(吉本興業 大阪)
5番6番(㈱タイタン)
ザ・パンチ(吉本興業 東京)
ザ・プラン9(吉本興業 大阪)
ザブングル(ワタナベエンターテインメント)
サンドウィッチマン(フラットファイヴ)
三拍子(サンミュージックプロダクション)
磁石(三木プロダクション)
ジパング上陸作戦(吉本興業 東京)
ジャリズム(吉本興業 東京)
ジャルジャル(吉本興業 大阪)
ストレートタイム(アマチュア)
スマイル(吉本興業 大阪)
ダイアン(吉本興業 大阪)
タイムマシーン3号(ケーアッププロモーション)
チーモンチョーチュウ(吉本興業 東京)
千鳥(吉本興業 大阪)
チュートリアル(吉本興業 大阪)
超新塾(ワタナベエンターテインメント)
デニッシュ(山中企画)
天竺鼠(吉本興業 大阪)
天津(吉本興業 大阪)
東京ダイナマイト(オフィス北野)
トータルテンボス(吉本興業 東京)
とろサーモン(吉本興業 大阪)
流れ星(浅井企画)
なすなかにし(松竹芸能)
難波横山(吉本興業 大阪)
日刊ナンセンス(吉本興業 大阪)
にのうらご(吉本興業 大阪)
NON STYLE(吉本興業 大阪)
バッドボーイズ(吉本興業 東京)
ハマカーン(ケイダッシュステージ)
パンクブーブー(吉本興業 東京)
髭男爵(サンミュージックプロダクション)
ビッキーズ(吉本興業 大阪)
藤崎マーケット(吉本興業 大阪)
フットボールアワー(吉本興業 東京)
プラスマイナス(吉本興業 大阪)
平成ノブシコブシ(吉本興業 東京)
ヘッドライト(吉本興業 大阪)
変ホ長調(アマチュア)
POISON GIRL BAND(吉本興業 東京)
BODY(吉本興業 東京)
ポテト少年団(吉本興業 東京)
ボルトボルズ(松竹芸能)
マラドーナ(吉本興業 大阪)
U字工事(アミーパーク)
ライセンス(吉本興業 東京)
りあるキッズ(吉本興業 大阪)
ルサンチマン(ティンカーベル)
レアレア(吉本興業 東京)
ロザン(吉本興業 大阪)
我が家(ワタナベエンターテインメント)
笑い飯(吉本興業 大阪)


ここでの注目はM-1グランプリ2003の王者フットボールアワーが準決勝進出を
決めていることでしょうか。

M-1グランプリ史上初の2度目のグランプリ獲得となるのか注目です。

ちなみにフットボールアワーは1999年4月結成なので、今年でまだ結成7年なので参加資格が
あるのですね。

ということは、結成4年目でM-1グランプリ王者になってたのですね・・・。

さすが吉本イチのブサイク岩尾・・・関係ないっすね(>_<)


まだまだ注目のお笑い芸人さんがいますので今後M-1グランプリ2006を
継続して紹介していきますね!

あなたもM-1を目指すならこちらの携帯無料ゲームが面白い!
通学・通勤中に史上初の漫才師育成ロールプレイングゲームが無料で楽しめる!
目指せ!M1漫才道

目指せ100万円GET!
2006/11/06(月)
たむらけんじが踏ん張った!

M-1グランプリ2006予選2回戦に挑んだ「たむらけんじと竹山崎」
(山崎邦正・竹山隆範とのユニット)
が見事3回戦にコマを進めた。


先月の某番組収録で左手小指を骨折したたむけんは、
包帯を巻いた痛々しい姿で熱演。


同情を買う作戦かと思いきや持ち時間の3分をオーバーするという、
気迫溢れる熱演を見せ3回戦進出を決めた。


M1グランプリ2006での2回戦合格の発表を聞いた「たむらけんじと竹山崎」は
「やったー、やったー」と3人で子供のようにはしゃいで抱き合って喜んでいた。


M1グランプリ2006ファイナルへの進出はあるのか!?

「たむらけんじと竹山崎」の活躍に大注目!



M1グランプリネタはお笑いランキングで!



ファッションモデル一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。