お笑い芸人ブログ!最新お笑い芸能ニュースをお伝えします。
お笑い芸人ブログで裏芸能情報ニュースを一挙公開!流行の芸人から昔懐かしい芸人まで、芸能ニュースでは書かれないマル秘ニュース満載のお笑いブログ!

Yahooカテゴリー登録サイトヤフーカテゴリーお笑いYAHOOカテゴリー登録サイト   |  ブックマークに追加する  
オーディション・芸能ニュース・お笑い歌手のレコードなどお笑い芸人関連情報満載!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/12/04(日)

昭和39年平川幸雄・中田治雄にてコンビ結成。
同時期のデビューに
「若井はんじ・けんじ」「上方柳次・柳太」等、
実力派がしのぎを削っていた。

楽器を持った漫才からしゃべくり漫才へと
徐々に移行。「しゃれづくし」など独自の
スタイルを確立し、スター街道を歩む。


昭和54年10月25日
漫才師, Wヤングの中田治雄さんが
静岡県熱海市錦ヶ浦から投身自殺。
自殺の原因は
「野球賭博」及び「スナック経営の不振」
による借金。


空前の漫才ブームを呼び起こす起源の番組
『花王名人劇場』の「激突!漫才新幹線
(昭和55年1月20日放送)」まで僅か3ヶ月
であった。

[Wヤング平川幸雄の悲喜]の続きを読む
2005/11/27(日)

チエちゃん奮闘記 じゃりン子チエ DVD-BOX(1) [29%OFF]Bで、
チエちゃんの親父テツの声優を務める西川のりおさん。

1951年生まれの54歳。
年齢で言えば、先日誕生日を迎えたオール巨人さんと
同じ歳。その芸風は全くの正反対であります。

2005年1月に河内屋菊水丸さんと、東京渋谷の
NHK放送センター前でゲリラライブを行い、
当時問題となっていた海老沢会長「痛烈河内音頭」
で痛烈批判したのは記憶に新しいところでしょうか。

[ポスト「ぼやき漫才」西川のりお]の続きを読む
2005/11/15(火)

ますますもって全国区へとなってきました
大木こだまひびきさん。
最近では島田紳助さんやナインティナイン
こだまさんのギャグを取り上げたりして、
強力なバックアップとなっております。

そんなこだまさんの奥様も漫才をされて
いるのです。

[”天才も認めた漫才師大木こだま”]の続きを読む
2005/10/30(日)

最近全国ネットで見かける大木こだま・ひかりさん。
今年で漫才コンビ結成25年になるベテランコンビです。

こだまさんはひびきさんの前にひかりさんという人と
「こだまひかり」なる漫才コンビを結成していました。
お笑いスター誕生に出ていたので、記憶にある方も
おられると思います。

では、その後こだまひかりはどうなったのでしょう・・・。
[”チッチキチィーは金の匂い”大木こだま・ひびき]の続きを読む
2005/10/04(火)
”協力し合わなかった漫才師太平サブローシロー”
島田紳介さんの一言より

関西地区を中心に活躍されている太平サブローさん。
上沼恵美子さんやハイヒールさんの横なんかで、
テンポよく合いの手を入れている男前芸人さんで
あります。

相方の太平シローさんは現在構成作家としも
活躍されていますが、サブローさん程テレビでの
露出度は少ないかと思います。


今回は、サブローシローさんの漫才について・・・。
[”太平サブロー・シロー”の「ちょっと田中は~ん」]の続きを読む
2005/09/24(土)
いくら初舞台やいうても、なんぼアガっとんねん!
2003年11月28日放映の「さんまのまんま」にて中田カウスの一言。

お二人の初舞台は奈良の少年刑務所への慰問でした。

初舞台なので半年前から20分のネタを必死に練習して、いざ舞台へ
あがった途端に相方のボタンさんの様子がどうもヘン・・・。
[”中田カウスボタンの初舞台”さんまのまんまより]の続きを読む
2005/09/02(金)
そういうもんが何を言うても唇が寒い
『お笑い芸人就職読本』での喜味こいしさんのインタビューより

粋な表現ですよね~。
本を読んだ中で一番心に引っ掛かった言葉でした。

兄である夢路いとしさんが亡くなって漫才ができなくなったこいしさんが、
漫才について聞かれた時に前置きとして添えた言葉なんです。

現役の漫才師ではない「引け目」と1940年から63年間一線級の
漫才師として活躍してきた「誇り」が入り混じったなんとも
含蓄のあるお言葉です。
[”喜味こいし”の一言]の続きを読む
2005/08/31(水)
漫才というのは本当にしんどい仕事なんです
『米朝・上岡が語る昭和上方漫才史』より、上岡龍太郎さんの発言である。

 確かにしんどい仕事やろうなぁ・・・。
ダウンタウンも漫才とはちょっと距離を置いて、「ガキ使い」のフリートークで
「擬似漫才」やってることを考えると、やっぱり本気で漫才やるのって
しんどいんでしょうね。まあ、あそこまでアドリブだけで形にできる
ダウンタウンはやっぱり凄いとは思うけど、久し振りに真剣にネタくり
したダウンタウンの漫才も見てみたいですよね。
20代の頃のダウンタウンとは違う『40代の漫才』を見せてもらいたい
です。 案外ベタな『ぼやき漫才』やったりして・・・^^;

  みなさんもダウンタウンの真剣漫才見たくないですか?!

ダウンタウンのお二人にこのメッセージが届きますように。。。


と、まあこんな感じで始まった『お笑い芸人を読む!』というブログです。
案内人は、お笑い芸人の本質は読めても自分の将来は一切読めない
「bbbhiko」が務めさせて頂きます。
これからお笑い芸人の方のちょっとした『発言』や『行動』から、
芸人さんの本音や生き様を読みとっていきたいと思います。

末永いお付き合いができますことを祈って第一回を終了致します。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。