お笑い芸人ブログ!最新お笑い芸能ニュースをお伝えします。
お笑い芸人ブログで裏芸能情報ニュースを一挙公開!流行の芸人から昔懐かしい芸人まで、芸能ニュースでは書かれないマル秘ニュース満載のお笑いブログ!

Yahooカテゴリー登録サイトヤフーカテゴリーお笑いYAHOOカテゴリー登録サイト   |  ブックマークに追加する  
オーディション・芸能ニュース・お笑い歌手のレコードなどお笑い芸人関連情報満載!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/12/25(日)
いよいよ最終決戦を迎えたM1グランプリ2005

グランプリに輝いたのは、
結成7年目のブラックマヨネーズでした。

あまり全国区ではない為に、「誰?」と思った方も
多かったのではないでしょうか!?

ブラックマヨネーズは吉本興業所属の
NSC13期生です。
同期には「次長課長」、
「チュートリアル(徳井)」
などがおり、2003年グランプリの
フットボールアワーの1年先輩です。


それにしても、
今回のM1グランプリ決勝進出者の
ネタはある方向に片寄っていましたね~。

その方向とは・・・、
ネタ運びが、
こぞってハイテンション系を狙ってましたね。

去年のアンタッチャブルに習ってか、
いかにテンション高く勢いをアピール
できるかの勝負になっていた気がします。

他にも、
品川庄司やチュートリアルなんかもその口で、
上位進出組は勢いよくネタを進めた
漫才コンビでした。

それ故に、
Wボケの勢い勝負がウリの「笑い飯」には
不利な展開となってしまいました。

4分という短い時間ですから当然の戦略かも
しれませんが、過去のグランプリ獲得者は、
どちらかというと勢いの中にも
「間」「息」を感じさせてくれました。

ファイナル進出3組の中では、
ブラックマヨネーズが勢いの中にも
一番「間」を感じさせてはくれましたが、
出演者にも恵まれた感がありました。


今回は毎回出てくる「おぎやはぎ」や
「ポイズンガールズバンド」のような
テンション低めのコンビがいなかったことで、
ほんの少しでも「間」を感じさせることが
できれば、勢いだけでないネタの差別化を
アピールできたのではないかと思います。


あえなく最下位意に沈んだ
南海キャンディーズ」。

山ちゃんのツッコミにいつものゆとりがなく、
次へ次へとテンポを出してネタを進めようと
したのが裏目に出ました。

それも「勢い重視」の様相を意識しての
結果でしょうか・・・。

グランプリに輝いた「ブラックマヨネーズ」は
まさに伏兵でありました。
しかし確かに面白かったです!

どちらかというと、
大木こだまひびきさんのように長年地道に
漫才を続けて人気を博していくパターンの
漫才コンビかと思っていました。

このM1グランプリ受賞で大きく道が
変わったと思われます。

来年は飛躍の年になることを切に願います。

そして、千鳥も・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://geinin1bankan.blog41.fc2.com/tb.php/70-87d65422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。