お笑い芸人ブログ!最新お笑い芸能ニュースをお伝えします。
お笑い芸人ブログで裏芸能情報ニュースを一挙公開!流行の芸人から昔懐かしい芸人まで、芸能ニュースでは書かれないマル秘ニュース満載のお笑いブログ!

Yahooカテゴリー登録サイトヤフーカテゴリーお笑いYAHOOカテゴリー登録サイト   |  ブックマークに追加する  
オーディション・芸能ニュース・お笑い歌手のレコードなどお笑い芸人関連情報満載!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/12/14(水)
<小団円>


上岡前局長と西田新局長の違いは一見すると
「理論派」と「人情派」
で区別できるかと思います。


それをもう少し具体的に記すと、
上岡さんは「演出者」として、
西田さんは「依頼者」として、
番組に接していたのです。

依頼VTRの展開を画面と向かいあって解釈し、
論理立ててコメントする上岡局長

依頼者の心に入り込んで、一緒に心をふるわせながら
涙を流す西田局長


これは、視聴者が望んでいることでもあります。

上岡局長には、面白くないネタは
「メッタ斬り」
にして欲しいし、
西田局長には、感動するネタには一緒になって
「泣いて欲しい」、と・・・。



放送開始から17年間。
西田敏行新局長が上岡元局長とは正反対の
「涙・涙・涙」の人情派局長を務められ、
番組は益々繁栄の一途を辿っています。


途中、全国放映で「投稿!特ホウ王国(日テレ)」
などが制作され、それなりの人気番組となったり
したことにより下降線をたどったこともありました。

しかし、根底に流れる制作者の熱い思いの違いが
番組の寿命の違いとなったのでしょう。


永遠に人気のある番組は存在しません。
しかし、永遠に人々の心に残る番組は存在します。
『探偵!ナイトスクープ』はそんな番組の
ひとつなのではないでしょうか・・・。

「ナ~イト、スクープ♪」

追伸:カンニング竹山新探偵がどんな
   新しい一面を見せてくれるか
   期待しましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://geinin1bankan.blog41.fc2.com/tb.php/64-cff4aaaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。