お笑い芸人ブログ!最新お笑い芸能ニュースをお伝えします。
お笑い芸人ブログで裏芸能情報ニュースを一挙公開!流行の芸人から昔懐かしい芸人まで、芸能ニュースでは書かれないマル秘ニュース満載のお笑いブログ!

Yahooカテゴリー登録サイトヤフーカテゴリーお笑いYAHOOカテゴリー登録サイト   |  ブックマークに追加する  
オーディション・芸能ニュース・お笑い歌手のレコードなどお笑い芸人関連情報満載!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/10/06(木)
「えっ!そんなんできるんですか!?」
吉本新喜劇での持ちギャクより

不思議な存在感・・・「内場勝則」

強烈な個性もない・・・、
インパクトのある持ちギャグもない・・・



しかし、吉本新喜劇内にて「スーパー座長」として
他の座長よりも一目置かれる存在であります

そんな内場勝則さんをちょっと覗いてみたいと思います・・・。

内場さんは新喜劇の中では善良な役柄が多く、真面目な中に
”ボけとツッコミ”を多彩に織り交ぜる技巧派の役どころを
担っています。

アクの強い芸人さんの多い新喜劇では、前に出ないキャラは
致命傷なのですが、それを逆手に取った内場さんは「頭脳派」
と言えるでしょう。

埋もれてしまう個性をさらにもう一歩引いた立場から
立ち振る舞うことで、逆にそれを個性として「安定感と安心感」
を勝ち得たのではないでしょうか。

それ故に「スーパー座長」として、座長連中の中でも
一目置かれる存在に成りえたのです。


内場さんはNSK1期生であり、ダウンタウン・ハイヒール・
トミーズと同期であります。当初はトリオ漫才を組んでいたの
ですが、あまり活躍の場はありませんでした。


新喜劇に移ってから頭角を現したのですが、2001年には
新喜劇の芝居だけでは飽き足らず新喜劇外で「四つの理由」と
いう血液型の違う4人のキャラクターを演じ分けた。
この辺りも、ギャグや強烈なキャラだけに頼らずに演じてきた
芸の深みを垣間見ることができます。


現在は座長の座を後塵に譲るスタンスも取っており、ますます
没個性(それが個性)の役どころに向かっておられるようです。

目指せ!花紀京・・・ですよね?!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://geinin1bankan.blog41.fc2.com/tb.php/6-3fa0b4e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。