お笑い芸人ブログ!最新お笑い芸能ニュースをお伝えします。
お笑い芸人ブログで裏芸能情報ニュースを一挙公開!流行の芸人から昔懐かしい芸人まで、芸能ニュースでは書かれないマル秘ニュース満載のお笑いブログ!

Yahooカテゴリー登録サイトヤフーカテゴリーお笑いYAHOOカテゴリー登録サイト   |  ブックマークに追加する  
オーディション・芸能ニュース・お笑い歌手のレコードなどお笑い芸人関連情報満載!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/09/20(火)
=9月19日発行の<浜ちゃんはギャラ泥棒>の続き=

ダウンタウンとは松本人志ありき・・・?

番組当時はデビューからら13年を迎え益々「お笑い芸人」としての地位
を高めていく松ちゃんと比べて、浜ちゃん個人は芸人としてのポジションが
まだまだ確立されていませんでした。

この番組放映の2ヵ月後に小室哲也さんとの『H jungle with t』が
大ブレイクするのですが、そのヒット辺りからタレント業としての
「実力」と「実績」が確立されてきた感があります。

だから、それまでは「お笑い」以外のポジショニングの確立に
躍起となっている時期だったと思います。


久米さんと松ちゃんのトークの中で
「(ネタも書かないで)彼(浜田)は将来に不安を感じないのか不思議だ。」
と言う久米さんに対して、

松ちゃんは
「浜田は色々なことをやっていこうとしている。
僕はお笑いしかできないですけど」

と、二人の方向性の違いを認識した発言をしています。

9月11日のブログにも書きましたが、1993年の「ダウンタウンDX」
での島田紳助さんとのトークでも、浜ちゃん自身が
「お笑いだけでは無理なんで・・・」
というコメントを残しています。

このことからも、二人の中でお互いの「才能・役割・方向性」は
しっかり認識されており、それを理解したうえで「個々の成長」と
「ダウンタウンの成長」を相乗させていこうとしていたことが分かります。

これこそがダウンタウンを歴史に名を残す「お笑いコンビ」とさせた
大きな要因と考えられるのではないでしょうか。


-★-・-★-・-★-・-★-・-★-・-★-・-★-・-★-


しかし、ダウンタウンを語るうえで「先ず松本人志ありき」で
評論される機会があまりにも多すぎるのはないでしょうか。

ここで浜ちゃんの存在意義について考えていきたいのですが、
もう一人他の芸人さんの「ダウンタウン評」について
検証してからにしたいと思います。


浜ちゃんの存在の大きさに触れられのはもう少し先になりそうです・・・。

<次回に続く>
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://geinin1bankan.blog41.fc2.com/tb.php/39-e14a2556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。