お笑い芸人ブログ!最新お笑い芸能ニュースをお伝えします。
お笑い芸人ブログで裏芸能情報ニュースを一挙公開!流行の芸人から昔懐かしい芸人まで、芸能ニュースでは書かれないマル秘ニュース満載のお笑いブログ!

Yahooカテゴリー登録サイトヤフーカテゴリーお笑いYAHOOカテゴリー登録サイト   |  ブックマークに追加する  
オーディション・芸能ニュース・お笑い歌手のレコードなどお笑い芸人関連情報満載!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/28(水)
南海キャンディーズの山里亮太。

数々の芸人からお笑い芸人としては高い評価を得ながらも、
人間的には最低な評価を得ている稀なる芸人である。

NSC大阪校22期として、
キングコング、なかやまきんに君、ネゴシックス、
久保田和靖(とろサーモン)、ダイアン、中山功太
と人気者の同期生の中で揉まれてきた。


山ちゃん自身は足軽エンペラーとして活躍し、
TOKIO司会のガチンコ!の漫才道でオール巨人のもと修行を積み一位となったりもした。

その際の漫才道の敗北者には天津やレギュラーがいた。

ちなみに足軽エンペラー時代の山里は舞台上ではいびつな関西弁を操り、
舞台袖では相方をネチネチと攻撃していた。


南海キャンディーズとしてはM-1グランプリ2004年大会で準優勝を果たし、
しずちゃんのキャラと共に「女性を傷付けない優しい突っ込み(ラサール石井談)」で高い評価を得る。

一時はM-1グランプリから遠ざかるが、2009年大会で久しぶりに決勝進出するも8位に終わった。


しずちゃんの女優業進出などで南海キャンディーズとしての活動は少なくなるが、
山里自身はナレーターなども含めてそのお笑いの才能を開花させる。



島田紳助も認めるお笑いの才能を開花させた山ちゃんだが、
注目されればされるほどその人間性の問題点もあらわになる・・・。


目が離せない芸人の一人であることは間違いない。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。