お笑い芸人ブログ!最新お笑い芸能ニュースをお伝えします。
お笑い芸人ブログで裏芸能情報ニュースを一挙公開!流行の芸人から昔懐かしい芸人まで、芸能ニュースでは書かれないマル秘ニュース満載のお笑いブログ!

Yahooカテゴリー登録サイトヤフーカテゴリーお笑いYAHOOカテゴリー登録サイト   |  ブックマークに追加する  
オーディション・芸能ニュース・お笑い歌手のレコードなどお笑い芸人関連情報満載!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/17(土)
お笑い界には昔から子供漫才コンビが登場する。

今ならば「まえだまえだ」が思い浮かぶであろう。


少し前ならばりあるキッズがいた。




そして、時代は昭和にさかのぼる。



昭和期で天才少年漫才師と呼ばれたのは、

横山やすしと桂枝雀。


共に素人参加番組『漫才教室』(ABCラジオ)で才能を発揮した
天才少年漫才師であった。


横山やすしは中学時代に漫才教室で脚光を浴び、
漫才師になることを決意。

その後松竹に入社後、同級生と「堺伸スケ・正スケ」を結成し、
堺伸スケとして角座でデビュー。

天才漫才少年として注目を浴びる。


一方桂枝雀は、弟とコンビを組み「前田兄弟」として
漫才教室に登場。

前田兄弟はお笑いトーナメント荒らしとして活躍し
その賞金を生計の足しにしていたほど既に稼ぎを得ていた。

その後漫才教室の審査員であった桂米朝の一番弟子として
米朝一門に入門し10代目桂小米を襲名する。

米朝一門に入門後は「落語界に大爆笑を持ち込んだ男」として、
落語界を盛り上がる一翼を担う。

一説には桂枝雀を落語界に引き込んだことこそ、
桂米朝の最大の功績とまで囁かれるほどとなる。


そして・・・横山やすし・桂枝雀共に波乱万丈名な
芸人人生を送ることとなる。




天才少女漫才師と呼ばれる芸人がいた。


・・・その名も「海原千里・万理」。

その天才少女と呼ばれた海原千里こそ現在の上沼恵美子である。

高校生ながらにその巧みな話術で並み居る漫才師を横目に
あっという間にスターダムにのし上がる。

その話術と時代に則した欧陽菲菲などの物真似は、
とても10代の少女とは思えないボケっぷりであった。

22歳の若さで結婚し芸能界を引退する。
*翌年には専業主婦に耐えられなくなり芸能界復帰



りあるキッズは大人になり、安田はバイセクシャルを
カミングアウトする。


さあ、まえだまえだの未来や如何に・・・。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。