お笑い芸人ブログ!最新お笑い芸能ニュースをお伝えします。
お笑い芸人ブログで裏芸能情報ニュースを一挙公開!流行の芸人から昔懐かしい芸人まで、芸能ニュースでは書かれないマル秘ニュース満載のお笑いブログ!

Yahooカテゴリー登録サイトヤフーカテゴリーお笑いYAHOOカテゴリー登録サイト   |  ブックマークに追加する  
オーディション・芸能ニュース・お笑い歌手のレコードなどお笑い芸人関連情報満載!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/07/16(月)
爆笑問題の人気が年々上昇している。

国会での答弁を見立てた
「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中」
が人気の爆笑問題

他にも「サンデージャポン」など社会情報系の番組を
仕切るイメージがすっかり定着している。


『タモリのSUPERボキャブラ天国』」でも高度なネタで
他のボキャ天世代とは一線を画していただけに、
知性派として世に認知される番組でその地位を
定着させたといえる。


タモリとはその後、笑っていいとも(2000年4月から)
で共演し、現在では『笑っていいとも!』のコンビ最年長
レギュラーとして記録更新中である。

明石家さんまは、爆笑問題が太田プロに所属していた頃から
高く評価しており、初めて共演した1990年頃の
『初詣!爆笑ヒットパレード』で2人のネタを絶賛していた。

ビートたけしは爆笑問題結成当初の頃にたまたまコントを
見た事があり、「こいつらは面白いと思った」と語る。


と、ダウンタウンのNSC在学中のような絶賛を
デビュー当時から浴びる爆笑問題なのであった。


辛口のコメントを吐く太田ではあるが、番組で太田総理を
演じることで視聴者の代弁者的なポジションを確保し、
好意を持つ視聴者が増えている。



ビートたけしからの影響を大きく受けている太田光が
出版、政治番組の次に取る行動は・・・メガホンだろうか!?

芸能ニュースランキング

ジェムケリー通販最新情報
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。