お笑い芸人ブログ!最新お笑い芸能ニュースをお伝えします。
お笑い芸人ブログで裏芸能情報ニュースを一挙公開!流行の芸人から昔懐かしい芸人まで、芸能ニュースでは書かれないマル秘ニュース満載のお笑いブログ!

Yahooカテゴリー登録サイトヤフーカテゴリーお笑いYAHOOカテゴリー登録サイト   |  ブックマークに追加する  
オーディション・芸能ニュース・お笑い歌手のレコードなどお笑い芸人関連情報満載!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/02/03(金)
毎度おおきに! ★ひこ です!

今日は感謝の報告からさせて頂きます!

今日の発行のまぐまぐ(無料メルマガ)
Weekly Mag2 エンタテイメント版
私のメルマガ『無料でお笑い芸人を10倍楽しむ裏情報!』
が「新作メールマガジン発行部数ベスト10」にて
第3位となりました!

これもいつもご愛読頂いている皆様のお陰です。

ありがとうございますm(__)m

これからもBlogで書けない濃いネタを書いて
いきますので引き続きご愛読お願いします。

まだ、読んでないよという人はこちらから登録どうぞ!


感謝のご報告はここまでとしまして、
今日は昨日の記事の予告通りに桂三枝さんの
ことをちょこっと書きます。

みなさんの桂三枝さんのイメージってどんなのでしょうか?

・古い落語家さん
・後輩に厳しい芸人さん(さんまさん談)
・新婚さんいらっしゃい!
・往年の大スター

などなど。

どれもが正解ですよね^^!

実は現在の上方落語協会第六代目会長でもあるんですよね~、
桂三枝さんって。

年齢は1943年生まれの63歳。
芸歴は今年で40年という超ベテランなんです。

その輝かしいキャリアを書くだけでもかなりのスペースが
必要になるんですよ・・・これが。

簡単にメインを務めた番組だけでも紹介すると・・・
=主な出演番組= 
 新婚さんいらっしゃい!(1971年~)
 パンチDEデート(1973年~1985年)
 花の駐在さん
 三枝の国盗りゲーム(1977年~1986年)
 三枝の爆笑美女対談(1980年~1987年)
 三枝の愛ラブ!爆笑クリニック(1981年~1995年)
 クイズ!年の差なんて(1988年~1994年)
 三枝の爆笑夫婦(1980年~1985年)
 三枝・やすし(きよし)の興奮テレビ!!
 (1986年~1997年)
 ヤングおー!おー!(1969年~1979年)
 ナイトinナイト(1986年5月~2000年3月)
 桂三枝のひょうご寄席(サンテレビ)
 MBSヤングタウン(MBSラジオ)

と、多過ぎて嫌になります。
でも、まだまだ他にもあるんですよ。
全ては書ききれません。

これらの番組名を見て懐かしいなぁ~なんて
思う方は、35歳以降の方でしょうか^^;


それにしても番組名に「三枝の~」というのが
多いですよね。

「三枝」という名を番組名に入れるだけで
視聴者の目を引く程の効果があったことの
証拠でもあるのですが・・・。


逆に「全然知らな~い」という若い方も多いでしょう。

でも考えてみると、
今現在これだけの番組数(しかも人気番組)を
メインで進行を経験したことがある芸人さんと言えば、

明石家さんま、島田紳助、ダウンタウン、
 ビートたけし、萩本欽一
・・・」
のみなさん位でしょうか。

どなたも「究極のヒットメーカー」としてお笑い史に
残るのは間違いない芸人さんばかりですね。


三枝さんのヒットメーカー振りは
「人気番組」だけではないんですよ。

色々な番組で使われてきたギャグも人気を博しました。
「いらっしゃ~い」、「およよ」、「グッ!」etc.

さんまさんを始め芸人さんが三枝さんのモノマネを
する時は、だいたいこの辺のギャグを絡めて
モノマネしますよね。


あとは、バラエティ番組のゲームコーナーなどで
いまだに目にする
・叩いてかぶってじゃんけんポン
・箱の中味は何だろな
なども桂三枝さんがもとの「お座敷芸」を世に
広めたものなのです。

三枝さんが「箱の中身は~」を広めていなければ、
上島竜平さんや出川哲郎さん等リアクション芸人の
得意ネタが一つ無くなったのですから、その恩恵は
大きいと言えます。


また、関根勤さんのデビュー当初の芸名
『ラビット関根』の名づけ親としても有名であります。

一時は三枝さんに芸名をつけてもらうと『売れる』
という評判がありましたが、東野幸治の芸名
バッテリー幸治の命名でその評判も
消えてしまいました(+_+)
バッテリー幸治なんて聞いたことないですよね^^;


さらに驚くことには、
最近の若い方はご存知ないかもしれませんが、
伊東四郎、小松政夫、キャンディーズが
出演していた往年のヒット番組
「みごろ!たべごろ!笑いごろ!!」の中で
絶対的人気を誇った電線音頭も、
実は桂三枝さんが元祖なのでありました。

1975年10月から半年間放映された
『ドカンと一発60分』の中でメロディーは同じで
歌詞の違う(作詞:桂三枝)『電線音頭』を
桂三枝さんが歌っていたのです。

振り付けはピンクレディーの振り付けで有名で
あった西条満さんという気合の入れようで
「桂三誌の電線音頭」としてレコード化も
されましたが売れ行きは今ひとつでした。

そして、その後スタートする
『みごろ!たべごろ!笑いごろ!!』に
「電線音頭」は引き継がれ大ヒットとなる訳です。

三枝さんはかなり悔しかったみたいですよ~。


だって『ドカンと一発60分』は、三枝さんの
東京制作番組の第一弾でしたから。

一発目がこけたのはダウンタウンも同様でしたが、
さすが地力がある人は復活して売れますよね~。


明石家さんまさんが若い頃に三枝さんに怒られた
エピソードや三枝さんが築き上げた『創作落語』
のことについてなどまだまだ書きたいことはあるの
ですが、今日もかなりの長文になってしまいました。

その辺の濃い~話しはこちらのメルマガ
『無料でお笑い芸人を10倍楽しむ裏情報!』
で書きますね^^無料ですから是非読んでください!
登録はこちらをクリックして下さい!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/02/04(土) 09:39 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://geinin1bankan.blog41.fc2.com/tb.php/117-e4b88fc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。