お笑い芸人ブログ!最新お笑い芸能ニュースをお伝えします。
お笑い芸人ブログで裏芸能情報ニュースを一挙公開!流行の芸人から昔懐かしい芸人まで、芸能ニュースでは書かれないマル秘ニュース満載のお笑いブログ!

Yahooカテゴリー登録サイトヤフーカテゴリーお笑いYAHOOカテゴリー登録サイト   |  ブックマークに追加する  
オーディション・芸能ニュース・お笑い歌手のレコードなどお笑い芸人関連情報満載!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/07/26(木)
サンミュージックというプロダクションをご存知でしょうか!?

とにかく変り種の芸人が顔を揃える。

サンミュージックの長男はご存知ブッチャーブラザーズ

そして、次男坊はダンディー坂野

他にもカンニング竹山、ヒロシ、どーよ、飛石連休、髭男爵、
ZOXYDOOL、さくらんぼブービー、ラブカップル、小島よしお
など、一癖ある芸人揃いである。

よくもここまで揃えたものだ・・・と。


ここで思うのが一癖ありの芸風揃いだけど、テレビでの露出度が
結構ある芸人が多いこと。

まあそれだけ昔ならテレビに出れないような芸人でも、お茶の間に登場する機会が増えたってことだけど。

それでもメジャーどころのお笑い番組のエンタの神様や笑いの金メダル(終了)
などにも登場している。



そんなサンミュージックが開催しているお笑いスクールTOKYO☆笑BIZである。

サンミュージックグループのお笑い部門(プロジェクトGET)が運営するお笑いスクール「TOKYO☆笑BIZ」。

お笑い芸人育成の経験豊富な講師陣を揃え、コントや漫才のネタ作りを基礎から丁寧に指導しています。

レッスン見学も随時受け付けているみたいなので興味があれば覗いてみれば!?

レッスン見学の予約受付先はTEL:03-3355-1642

受付時間:平日 月~金 12:00~18:00   

場所はサンミュージックの本社ビルスタジオ

一癖も二癖もあるサンミュージックの芸人さんに注目!

芸能ニュースランキング

ヌーブラ
スポンサーサイト
2007/07/16(月)
爆笑問題の人気が年々上昇している。

国会での答弁を見立てた
「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中」
が人気の爆笑問題

他にも「サンデージャポン」など社会情報系の番組を
仕切るイメージがすっかり定着している。


『タモリのSUPERボキャブラ天国』」でも高度なネタで
他のボキャ天世代とは一線を画していただけに、
知性派として世に認知される番組でその地位を
定着させたといえる。


タモリとはその後、笑っていいとも(2000年4月から)
で共演し、現在では『笑っていいとも!』のコンビ最年長
レギュラーとして記録更新中である。

明石家さんまは、爆笑問題が太田プロに所属していた頃から
高く評価しており、初めて共演した1990年頃の
『初詣!爆笑ヒットパレード』で2人のネタを絶賛していた。

ビートたけしは爆笑問題結成当初の頃にたまたまコントを
見た事があり、「こいつらは面白いと思った」と語る。


と、ダウンタウンのNSC在学中のような絶賛を
デビュー当時から浴びる爆笑問題なのであった。


辛口のコメントを吐く太田ではあるが、番組で太田総理を
演じることで視聴者の代弁者的なポジションを確保し、
好意を持つ視聴者が増えている。



ビートたけしからの影響を大きく受けている太田光が
出版、政治番組の次に取る行動は・・・メガホンだろうか!?

芸能ニュースランキング

ジェムケリー通販最新情報
2007/07/15(日)
日経エンターテイメントで発表されたお笑い芸人人気ランキング。

6年連続で明石家さんまが1位に輝いた。

しかも、2位の爆笑問題に2倍近い差をつけての1位だけに
その人気振りに衰えが見えない。

人気の理由は「キャラクター」と6年前から変わらないが、
若い層からは「番組のワンパターン化」を指摘する声も
多くなってきている。


・恋のから騒ぎ(1994年4月)
・さんまのSUPERからくりTV(1996年4月)
・痛快!明石家電視台(1990年4月)
・踊る!さんま御殿!!(1998年10月)
・さんまのまんま(1985年4月)
と10年以上も続く長寿レギュラー番組を数多く持ち、
今もお笑い芸人のトップを走っている。


ちなみにさんまのまんまの記念すべき第1回目のゲストは榊原郁恵。

恋のから騒ぎでは多数の女子アナやタレントを輩出。
小倉弘子(1期生)・小林麻耶(8期生)・お天気キャスター米畑詩子
柴田倫世(6期生)・角田久美子・山王丸和恵などがいる。
他に小林麻央(麻耶の妹で9期生)・島田律子(1期生)・
美容整形外科医・タレントになった西川史子(3期生)などがいる。


そんなさんまちゃんも元は落語家さん。

笑福亭松之助師匠のもと芸を磨いていた。

ちなみにさんまの兄弟子はこちらの人


その後1970年後半にビールスセブンに組み込まれる。

デビュー当時の若かりし頃のさんま芸はこちらでチェック

芸能ニュースランキング

花火大会

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。