お笑い芸人ブログ!最新お笑い芸能ニュースをお伝えします。
お笑い芸人ブログで裏芸能情報ニュースを一挙公開!流行の芸人から昔懐かしい芸人まで、芸能ニュースでは書かれないマル秘ニュース満載のお笑いブログ!

Yahooカテゴリー登録サイトヤフーカテゴリーお笑いYAHOOカテゴリー登録サイト   |  ブックマークに追加する  
オーディション・芸能ニュース・お笑い歌手のレコードなどお笑い芸人関連情報満載!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/03/31(土)
「ORICONSTYLE=2007年にブレイクすると思われるお笑い芸人」で
第7位に輝いたハリセンボンが益々人気急上昇となっています。

芸能ランキング情報


同じく第2位にランクされたタカアンドトシが男性若手芸人の
注目株ならば、女性若手芸人の注目株は間違いなくハリセンボン
でしょう。



最近ではCDも発売したハリセンボン


3月7日発売のCD『ともだちのうた』はアニメ映画
『超劇場版 ケロロ軍曹2』の短篇『ちびケロ~ケロボールの秘密~』
主題歌にもなり話題を振りまいています。



ハリセンボンの経歴はNSC東京9期生で同期には出雲阿国がいます。


一つ下の10期生にオリエンタルラジオがいるのであまり目立ちませんが、
デビュー4年でのこの露出はかなりの脅威であります。


1月1日生まれで水道メーターの検針員のアルバイトをしていた
箕輪はるか。

2月23日生まれで最近結婚したカンニング竹山似の
ボーイスカウト出身の近藤春菜。


バラエティー番組でのフリートークもネタ番組でのネタでも
爆笑をかっさらう今最も注目の二人ですからみなさんご存知ですよね。




そのハリセンボンがこの秋からさらにパワーアップしそうな気配が・・・。


現在2人は「YOUたち!」「オビラジR」など計7本の
レギュラー番組を抱える売れっ子ですが、この秋の番組改編では
発の冠番組を持つかもしれないそうです。


しかもNHKにもレギュラーが入りそうだとのことで・・・w。


芸人にとって冠番組を持つことは1人前と認められる証でもあり、
その番組の成否によってはゴールデン進出など次のステップが
待っているのであります。


それにNHK出演は全国区の人気の可能性も秘めています。



ハリセンボンの人気の秘密はブサイクネタが面白いだけでなく、
共演者の中でのポジションを知り尽くした立ち回りが
番組関係者や共演者から好評なこともあるようです。


関東圏での若手女芸人では森3中とハリセンボンが抜けていますが、
冠番組を持つことで名実共に若手女芸人トップに立つかもw。


たま~にエンタの神様にも出演してネタ見せしているので、
生でネタを見れる環境に無い人はチェックしておきましょう。


森3中のネタはシュール過ぎて好き嫌いがハッキリ分かれそうですが、
ハリセンボンのネタは万人が楽しめるネタで好感が持てます。



ananなどの女性誌にも続々登場予定で女性層からの支持も
急速に上がってきそうな予感です。



今年の年末はハリセンボンも紅白出演となるか!?


応援で・・・それとも歌手で!?



よしもと芸人ハリセンボン近藤春菜のまぁまぁのブログだね。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070331-00000005-gen-ent

スポンサーサイト
2007/03/20(火)
1位はタモリさんだそうです・・・何が?

旺文社が小中高生を対象に実施した
語彙力があると感じる有名人
調査で堂々の1位となったのがタモリさんなのです。

語彙力とは「ごいりょく」と読み、その人の使う語の総量を表しています。

タモリさんはやっぱり「ボキャブラ天国」とか「空耳アワー」など
言葉遊びがお得意なイメージがあるのでしょうか。

でも、小学生はボキャ天なんて知らないだろうし、空耳アワーの頃には
寝てるだろうし・・・w


タモリさんに続く2位には「奥様の心に響く語彙力」なら
断トツNO1のみのもんたさんでした。

上位にはこのほか島田紳助さん、細木数子さんらが入り、
ベスト20のうち11人をお笑いタレントが占めたそうです。

顔ぶれをみると臨機応変に多くのタレントを仕切りながらも、
自分の意見ををスラスラと語れるメンバーが顔を揃えている
ことが分かります。

やはり看板番組を持って大勢のタレントを仕切りながら、
番組を進行させていくイメージが小学生には「語彙力あり!」
と映ったのでしょうね。


残念ながら我が国首相の安倍晋三首相は6位でした。

やっぱり毎日帯でニュース番組で見掛けますが、
タモリさんや紳助さんほどスラスラと切り返しが
できているように小学生の目には見えていないのでしょうか・・・(>_<)


それにしても小泉純一郎前首相が9位にランクインしているのは、
流石というかなんというか・・・感動したっ!(古っ)


3月末引退予定の飯島愛のバブル時代の記事はこちら

芸能ランキング情報
2007/03/04(日)
吉本興業が毎年発表する
2007年ヨシモト男前ランキングが発表された。

注目すべきはブサイクランキング2位の
ブラックマヨネーズ吉田と3位のカリカ家城。

ブラマヨ吉田は昨年の4位から2ランクアップしての
2位をGETした!

M-1グランプリ王者獲得からの地道な露出効果が
競合が揃う吉本ブサイクランキングで堅実に
ランクアップを果たした。

心配性の吉田がまたまた心配するネタをGETしたので、
これからの漫才ネタも期待できます!


そんな吉田のランクアップは理解できるが、
3位カリカ家城はリアルにブサイク面だけを
評価された真のブサイク実力者と言える。

ブラマヨ吉田とは知名度・露出度共に比較にならない程の
低さながらも、ペナルティーのワッキーを抑えて家城は
昨年同様に3位を死守した。


ブサイクTOPの山ちゃんは来年の殿堂入りは間違いなく、
その後のブサイク争いは吉田と家城の一騎打ちとなるのか!?


■2007年ヨシモト男前ランキング
1位 次長課長 井上 5003票
2位 麒麟   川島 3157表
3位 オリエンタルラジオ 藤森 1039票
4位 キングコング 西野 679票
5位 ロザン 菅 616票


■2007年ヨシモト男前ランキング
1位 南海キャンディーズ 山里 8350票
2位 ブラックマヨネーズ 吉田 1126票
3位 カリカ 家城 891票
4位 ペナルティー ワッキー 884票
5位 とろサーモン 村田 617票

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070227-00000017-oric-ent

男前ニュースランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。