お笑い芸人ブログ!最新お笑い芸能ニュースをお伝えします。
お笑い芸人ブログで裏芸能情報ニュースを一挙公開!流行の芸人から昔懐かしい芸人まで、芸能ニュースでは書かれないマル秘ニュース満載のお笑いブログ!

Yahooカテゴリー登録サイトヤフーカテゴリーお笑いYAHOOカテゴリー登録サイト   |  ブックマークに追加する  
オーディション・芸能ニュース・お笑い歌手のレコードなどお笑い芸人関連情報満載!

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/11/26(金)
以前に新宿のルミネ・ザ・ヨシモトでオモシロクナールを購入しました。

飲んでからはスベり知らずで、一気に町内の人気者に・・・なれませんでしたw


あれから2ヶ月。。。

オモシロクナールが切れて、禁断症状が発症。


震えを抑えるためにNGKお土産売り場で購入したのが・・・コチラ。

ヨクスベール


全部買っちゃった^^;


ちなみに「ホレヤスクナ~ル」と「シアワセニナ~ル」の錠剤の色はブルーベリー色。

ほれやすくなーる

お味もブドウ味です。


そして、何故かヨクスベ~ルを飲んだ翌日は・・・


メッチャ下痢


でした。。。


これってリアルですwww


スポンサーサイト
2010/11/21(日)
11月19日公演のNGKなんばグランド花月1回目公演に行ってきました。

出演はコチラ!

ザ・パンチ
西川きよし
パンクブーブー
Wコミック
宮川大助・花子
月亭八方
オール阪神・巨人

そして、吉本新喜劇という内容でした。

新喜劇は、辻本茂雄・桑原和男・井上竜夫が出演でした。


当日の客層は、修学旅行の中高生が4割程度、
残りは組合・団体など60代前後の高齢者の方が4割、
という極端に分かれた年齢層でした。


でも・・・、
さすがみなさんプロです。

老若男女問わず終止笑いの渦でした^^


トップバッターのザ・パンチはご年配の方にはうけにくいかなぁ~と思いましたが、

誕生日のくだりから一気に会場全体が爆笑に包まれていました。

年齢層を意識してか「死んでぇ~」のツッコミはなく(最近はしていないのかな?)、
バラエティーに富んだツッコミで笑わせて頂けました。


パンクブーブーもさすがM-1覇者の実力者で、学生からおばあちゃんまで
グイグイひきこんでいました。


意外といえば失礼ですが、Wコミックのウケっぷりも凄かったです。

登場の際に「ガッカリしてんじゃないよ。知らないのはお互い様だって!」というくだりに
場数を踏んでおられるのがヒシヒシと伝わってきました。


ここまで紹介した芸人さんは割りと会場のお客様をイジりながらのネタを進めていました。

でも、さすがというか大助・花子、オール阪神・巨人は客さんと
絶妙の距離感を保ちながら爆笑を生み出されていました。


やっぱり生で舞台をみると「面白いなぁ~^^」とつくづく思います。


新喜劇は辻本茂雄が若手の顔をいじる立場になっていたのが新鮮でした。
劇中は誰も辻本茂雄のアゴをいじることなく、座長になったら立場が変わるなぁ・・・。


今回も入場料以上のお笑いを頂いて帰ってきました^^

2010/03/18(木)
2005/12/24(土)に【ダウンタウン松本人志が語る「売れている芸人の共通点」】という記事を書きました。

以前に放映されたいた「松紳」という番組の中でまっちゃんが語っていたことです。

詳細はこちらのページから>売れている芸人の共通点その1




あれから4年半。

再び「売れている芸人の共通点」を独自に迫りたいと思います。


当時の番組内でダウンタウン松本人志が語った「売れている芸人の共通点」とは芸名に「し」の文字が入っているということ。

そして以前から芸人さんの間で囁かれているのが「ん」という文字を芸名に入れると売れるということ。


で、4年半ぶりに調べてみました。
最近のお笑い芸人事情を踏まえて、売れっ子芸人を調べると・・・

先ずは、【ん】のつくお笑いコンビ
・はんにゃ(金田哲、川島章良)
 はんちゃはグループ名に【ん】、個人名に二人とも【し】が入っています。


・フルーツポンチ(村上 健志、亘 健太郎)
 フルポンはコンビ名&個人名に全て【ん】が入っています。

・オリエンタルラジオ(中田敦彦、藤森慎吾)
 オリラジはコンビ名に【ん】、藤森に【し】が入っています。

・NON STYLE(井上裕介、石田 明)
 ノンスタはコンビ名で【ん】、石田に【し】が入っています。

・パンクブーブー(佐藤哲夫、黒瀬純)
 パンクブーブーはコンビ名に【ん】、黒瀬に【ん】が入っています。


続いて、【し】のつくお笑いコンビ
・しずる(村上純、池田一真)
 しずるはコンビ名に【し】、村上に【ん】が入っています。

・笑い飯(西田幸治、中西哲夫)
 笑い飯はコンビ名と個人名全てに【し】が入っています。



それから【ん】も【し】も入っているコンビは、

・タカアンドトシ(鈴木 崇大、三浦 敏和)
 コンビ名には【ん】と【し】が入っていて、トシの方に【し】が入っています。





で、【ん】も【し】もつかないお笑いコンビもいます。
・オードリー(若林正恭、春日俊彰)
 でも、個人名に二人とも【し】がついてます。


そして・・・、
正真正銘にコンビ名・個人名共に【ん】も【し】もつかないお笑いコンビがいました。






その名は・・・

【ナイツ(土屋伸之、塙宣之)】

二人とも「のぶゆき」ですw




ちなみに最近テレビでよく見掛けるピン芸人では、

人気絶頂のケンドーこばやしが【ん】【し】ともに入っています。


【ん】が入るピン芸人では、劇団ひとり

【し】が入るピン芸人では、有吉弘行、島田秀平(【し】が2つ!)、



【し】も【ん】も入らないピン芸人では「つっちー」こと土田晃之がいますが、
土田は元「U-turn」というお笑いコンビでした。

竹山隆範も「カンニング」です。

加藤浩次は元「極楽とんぼ」。




他にもまだまだ探せばいるかも【ん】と【し】の入っている売れっ子芸人。

また4年半後に検証してみたいと思います。


最後に前回と同様の締めで終わりたいと思います。



=ここから=

最後に冒頭の松紳の中で松ちゃんが注意コメントとして
「売れている芸人の共通項であり、これがついているから売れると言うことではない!」
と、付け加えていました。

なるほど・・・。納得

2010/02/13(土)
1月27日ルミネtheよしもとを観て来ました。

ネタは順不同で感想を書きますと

・エハラマサヒロ:年配のお客さん相手でも大爆笑を取っていた器用な芸人さんでした。
・西川のりお上方よしお:「ボンじゃござんせんか」のフレーズに涙。よしおさんに以前のハリが無かったのが残念。
・村上ショージSP:村上ショージとハローバイバイ金成のユニット。生ドゥーン初体験でした^^;
・サバンナ:
・ブラックマヨネーズ:何度見ても出演者の中で一番受けているコンビ。当日は吉田の顔に赤い出来物が・・・w
・ハリセンボン:春菜のおばあちゃんの住んでいる村の方が多数で鑑賞ということで大声援が。春菜唖然・・・。
・ダイノジ:個人的には本日一番のオススメ。やっぱりM-1ファイナル進出の実力派は面白い。

という感じでした。

続いて休憩を挟んで「吉本新喜劇」です。 
本日は「石田班」のステージで主演は、
・石田靖
・リットン調査団
・山田花子
・バイキング
・2丁拳銃
・アップダウン
・三瓶
などが出演していました。

リットン調査団水野のアドリブ一つ一つがマニアックでドンズベリだったのが記憶に残っています。
もう一つはバイキングのアキとケンは相変わらずのハッスルぶりで、元気な姿に安堵しました。


今回も大満足のお笑い時間でした。

2009/10/18(日)
栃木訛りを武器に露出を高めているU字工事。

U字工事の益子卓郎は「大好き栃木」と福田薫は「忘れっからメモッちゃーわっ!
というブログをアメブロで綴っています。

そしてこの二人が所属する事務所がアミー・パークです。

アミー・パークは1990年に設立されたお笑いタレントが所属する事務所です。

所属の芸人といえば・・・【大木凡人】w

そしてあらびき団でお馴染みの「ふとっちょ☆カウボーイ」。
ちなみにふとっちょ☆カウボーイの本名は竹田 淳。

他にもラヴドライブ、サジタリ、シーソーゲーム、ダンサブル、ルネ、
ミスマッチグルメ、ネモキン、ハイスパット、ヴィレッジなどが所属する。

かつてはウガンダトラやボキャブらで懐かしいサービスパンダも所属。
何故か業務提携でモト冬樹も。
ちなみサービスパンダ吉岡は現在モト冬樹のマネージャー。

人力舎やケイダッシュステージのようにお笑い業界に勢力拡大を果たしていけるか。
その大役はU字工事の両肩に掛かっている!



2009/08/09(日)
7月27日に今年3度目のルミネTHEよしもとを楽しんできました。

当日は新喜劇がないネタだけという舞台。
それだけにネタ芸人さんが多数出演していました。

登場順に

トータルテンボス
ハイキングウォーキング
友近
ロバート
アップダウン
プラン9
-*休憩*-
Cowcow
ブラックマヨネーズ
バイキング
サバンナ
バッファロー吾郎
2丁拳銃

前半の大ウケはトータルテンボスとロバートでした。

トータルテンボスはこなれたネタ運びと無音空間に耐えられる経験値がスグレモノ。
ロバートは秋山の出来次第という感じですが、狂気の秋山ワールドは当日ばかウケでした。

後半はつわもの揃いの中で、頭一つ抜けていたのがCowcowとブラマヨ。
この二組は全体の中でも圧倒的に爆笑の連続でした。


それと比べて独特の世界観がハマリきらなかったのが、友近とバッファロー吾郎。
消化不良な感は否めませんでした。


この日の大健闘はアップダウンとバイキング。

出囃子後の両サイド画面の紹介時の声援は圧倒的に少なかったです。

が、ネタ前半から期待感を盛り上げて、後半に向けて爆笑を取っていました。

2丁拳銃は「ちょうどエエ」ネタでした。
テレビでの露出もあるネタなので新鮮味に欠けていました。


またルミネに行きたいと思います。
2009/03/31(火)
新宿にあるルミネtheよしもとに
3月25・26日と2日続けて劇場観戦してきました。

春休みということで両日共に立ち見が出るほどの大盛況ぶりでした。


共に15時からの部で出演者は

【3月25日】
=ネタ=
・フットボールアワー
・森三中
・笑い飯
・ハイキングウォーキング
・アップダウン
・2丁拳銃
・ペナルティ
・他

=新喜劇=
・大山英雄
・COWCOW
・他


【3月26日】
=ネタ=
・オリエンタルラジオ
・ブラックマヨネーズ
・笑い飯
・チュートリアル
・ザ・パンチ
・品川庄司
・他

=新喜劇=
・小藪千豊
・他


という豪華メンバーでした。



2日間を通じて一番笑いが大きかったのが・・・ブラックマヨネーズ。

会場中が大爆笑でした。

お互いの欠点をいじくり合うパターンでしたが、
テレビでは観ないいじくり方で笑いました。

もう少しネタもして欲しかったですが・・・。



次に登場時に「キャー!」という黄色い声援が
一番多かったのはチュートリアルでした。

オリラジも凄かったのですが、
チュートの方がさらに凄い声援でした。

徳井人気は凄いなぁ~とリアルに感じました。



意外に盛り上がったのが、ザ・パンチ。

M-1グランプリ2008では緊張のあまり
決勝最下位となってしまいましたが、
ルミネでは爆笑をかっさらっていました。




で、ネタだけでなく新喜劇も楽しめました。

大山英雄の無駄に大きい舞台声は本当に大きかったですし、
COWCOWは言うまでなく舞台上で爆笑の連発でした。

特にCOWCOW&渡辺直美の絡みは極上でした。


シベリア文太のかつぜつの悪さは本当でしたし、
鉄拳の挙動不審もリアルでした。



25日は最前列の真ん中、26日は最後列の端と
両極端な席でしたが両日共に楽しめました。



ルミネ THE よしもとは前売りで4000円と結構な値段がしますが、
お笑い芸人さんたちの生の笑いはお金を出す価値があります。


一つだけお願いしたいのは、芸人さんにテレビでやっているネタは
少しでもアレンジして演じて欲しいと思いました。

テレビで何度も観たネタをそのまま演じきられると、
面白さも半減です。


ルミネに観にいくなら「よしもと友の会」に入会するべしです。

無料登録できますので、どうぞこちらから⇒よしもと友の会

ルミネtheよしもとの公式ホームページはこちら⇒ルミネtheよしもと




2009/01/17(土)
お笑い界には昔から子供漫才コンビが登場する。

今ならば「まえだまえだ」が思い浮かぶであろう。


少し前ならばりあるキッズがいた。




そして、時代は昭和にさかのぼる。



昭和期で天才少年漫才師と呼ばれたのは、

横山やすしと桂枝雀。


共に素人参加番組『漫才教室』(ABCラジオ)で才能を発揮した
天才少年漫才師であった。


横山やすしは中学時代に漫才教室で脚光を浴び、
漫才師になることを決意。

その後松竹に入社後、同級生と「堺伸スケ・正スケ」を結成し、
堺伸スケとして角座でデビュー。

天才漫才少年として注目を浴びる。


一方桂枝雀は、弟とコンビを組み「前田兄弟」として
漫才教室に登場。

前田兄弟はお笑いトーナメント荒らしとして活躍し
その賞金を生計の足しにしていたほど既に稼ぎを得ていた。

その後漫才教室の審査員であった桂米朝の一番弟子として
米朝一門に入門し10代目桂小米を襲名する。

米朝一門に入門後は「落語界に大爆笑を持ち込んだ男」として、
落語界を盛り上がる一翼を担う。

一説には桂枝雀を落語界に引き込んだことこそ、
桂米朝の最大の功績とまで囁かれるほどとなる。


そして・・・横山やすし・桂枝雀共に波乱万丈名な
芸人人生を送ることとなる。




天才少女漫才師と呼ばれる芸人がいた。


・・・その名も「海原千里・万理」。

その天才少女と呼ばれた海原千里こそ現在の上沼恵美子である。

高校生ながらにその巧みな話術で並み居る漫才師を横目に
あっという間にスターダムにのし上がる。

その話術と時代に則した欧陽菲菲などの物真似は、
とても10代の少女とは思えないボケっぷりであった。

22歳の若さで結婚し芸能界を引退する。
*翌年には専業主婦に耐えられなくなり芸能界復帰



りあるキッズは大人になり、安田はバイセクシャルを
カミングアウトする。


さあ、まえだまえだの未来や如何に・・・。



2008/05/31(土)
お笑い芸人の世界は年齢よりも芸歴で上下関係が成り立ちます。

例え年上でも芸歴が浅ければ後輩芸人となります。


最近では大ブレイク中のエド・はるみも東京NSCに11期生最年長として入学し、
遅れてきた新人として20歳近く若いオリラジ(東京NSC10期生)の1期後輩と
して頑張っていますね。

ちなみにエド・はるみのNSC同期生は「たかだこ~ぽれ~しょ~ん♪」で
ご存知のタカダ・コーポレーションがおり、1期下にはビヨンセの物まねで
人気の渡辺直美がいます。



さてさて、ここで問題。

次の芸人の中で芸歴関係なしで同級生は誰でしょう?

・世界のナベアツこと渡辺あつむ
・FUJIWARAの原西孝幸
・ますだおかだの増田英彦
・ほっしゃん。
・ネプチューンの名倉潤



答えは・・・、

○世界のナベアツこと渡辺あつむ:1969年8月27日
×FUJIWARAの原西孝幸:1971年3月5日
○ますだおかだの増田英彦:1970年2月9日
×ほっしゃん。:1971年:8月6日
×ネプチューンの名倉潤:1968年11月4日

で、正解は世界のナベアツと増田が同級生でした。

増田が早生まれだから同級生なんですね。
で、この二人実は中学校も同じなのでした。

ちなみに中川家も同じ中学校で、ナベアツの弟と中川礼二は同じクラスであった。

アッコにおまかせで世界のナベアツが出演していた時に
パネル付きで紹介していたから知っていた人も多かったのではないでしょうか!?


今や「3」の倍数とは切っても切れない関係となってしまった世界のナベアツですが、
ジャリズム相方の山下のギャグ「オモロー!」もナベアツのお陰で定着してきました。


次はどんなオモローなネタを披露してくれるのか・・・楽しみです!



ランキングにご協力お願いします




2008/05/14(水)
お笑い芸人と言えば面白い芸名が多いですが、
その芸名に至るまでに紆余曲折がある訳です。


あの世界の北野武もツービートで世に出てくる前は、
「空たかし・ひろし」という芸名で下積み時代を過ごしました。


ダウンタウンも「ライト兄弟」や「てるお・はるお」という芸名で
ブレイクを狙って悪戦苦闘していたのも有名な話しです。


他にもこれだけの芸人さんたちがコンビ名を変えてきました。

【現 在 ← 旧 名】
・よゐこ ← なめくじ
・アンタッチャブル ← シカゴマンボ
・おぎやはぎ ← おぎとやはぎ
・ココリコ ← ココリコボンバーズ
・とんねるず ← 貴明&憲武
・猫ひろし←タランチュラ、ホンダミナコ、ミカミヒロシ、どですかでん、
       ウンコ☆マン、まりも、六本木マコト、メグ・ライ男、ポップコーン正三
       などなど20個以上の芸名あり
・モンキッキー ← おさる
・さまーず ← バカルディー
・くりーむしちゅー ← 海砂利水魚
・コント55号 ← コント・ゴーゴー
・てんぷくトリオ ← ぐうたらトリオ


さまーずやくりーむしちゅー、ココリコなど功を奏するケースもありますが、
そうならないいケースも多々あります。


最近名前を変えた水玉れっぷう隊改めバイキング。
既にケンが離婚するという波乱含みの展開となっているが・・・どうでしょ!?


芸名を変えることは芸人さんにとって勇気のいることだと思います。

そして芸名は決して細木数子にイジられないように・・・。

頑張れ!モンキッキー!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。